メニュー 閉じる

キャッシングの申込みは誰でも可能?

20歳ならキャッシングの申込みをできる所がありますが、それ以下の場合は難しいです。理由は法律で決められている、安定した収入を得ていないなどです。日本には中学卒業してすぐに働き始める人もいますが、毎月収入を得ていたとしても法律上契約できません。ただ、学生ローンを用いてキャッシングをする場合は、18歳になれば申込めます。

保護者か家族の誰かに保証人になってもらう必要があるので、どうしてもお金を借りたい時は頼んでみると良いでしょう。借入限度額は約10万となっていますが、学校を卒業し社会人になれば限度額を増額してくれます。

怪我か病気で退職して、家で療養中の人がキャッシングの申込みをしたとします。収入を得ていなくても、今迄働いていたので貯金があるため審査は通過可能です。借入限度額は低めに設定されますが、身の回りの品を買う程度で済むと予想されるので問題ないです。

主婦がキャッシングを申込む場合は、学生ローンと同じで身内に該当する誰かが保証人として必要になります。夫か主婦の両親辺りが最適なので、お金を借りる理由をきちんと述べてお願いすると良いです。保証人達の直筆の許可証を用意する、あるいは一緒に金融会社に来てもらえれば、金融会社も納得するのでキャッシングを利用できるようになります。