メニュー 閉じる

キャッシングの申込みは正直に行うことが大切

キャッシングの申込みをする時には、年収や勤続年数を正直に申告することが大切です。年収を多めに記載したり、勤続年数を長めに書いておく方が審査に通りやすくなると考える人は少なくありませんが、バレてしまった時には落ちる原因となってしまいます。審査に通ることができても、後で虚偽の申告であったことが発覚すれば、その時点でペナルティを受ける可能性も出てきます。

他社からの借入の有無に関しては、信用情報で確認できるようになっています。そのため、借入状況を誤魔化して申込みをすれば、信用は一気に落ちることになります。それだけに、キャッシングの審査に通るか不安を感じる場合でも、嘘はつかずに正直に申込みをすることが大切です。